トップページ | 2004年5月 »

2004.02.14

太平燕(タイピーエン)

 「太平燕(タイピーエン)」という中華料理をご存じでしょうか。
 ここを読んでいる方で「見たことも聞いたことも(もちろん食べたことも)ない」という方も多い(というかほとんど?(^^;))と思います。
 熊本にある中華料理屋の多くがメニューに載せていますし、熊本の学校給食では当たり前に出てくるほどポピュラーな料理になっているのですが、熊本以外ではまずお目にかかることがありません。
 (それゆえ、熊本県人の多くが大人になってから「太平燕」が熊本限定であることを思い知るのです(^^;))
 この「太平燕」ってどんな料理かというと、中華スープに春雨や白菜やエビ・イカなどを入れて煮込んだものです。卵(店によってゆで卵だったり煮卵だったりうずらの卵だったりする)がアクセントになっています。
 もともとは中国の華僑が熊本に持ち込んだものといわれていて、中国の高級食材である燕の巣の代用品として春雨を用いたのが始まりだそうです。
 チュルチュルとした春雨とぷりっとしたエビやイカの食感が楽しめ、また野菜もたっぷりと入ってヘルシーでおいしい料理です。

 ところが、専門店で出される「長崎ちゃんぽん」とかラーメンと異なり、太平燕はあくまでも「中華の一品料理のひとつ」としての位置づけであるため、全国的に知られる機会がほとんどありませんでした。だって、その地域ならではの料理を食べるために中華料理屋に入る…というのはあんまりないですもんね(^^;)。
 しかしながら、最近になってすかいらーく系列で全国展開している中華料理店「バーミヤン」で、期間限定ながらこの太平燕がメニューに載ってます(除く、関東地区)。私も先日近所のバーミヤンに食べに行ってきました。
 バーミヤンの太平燕は、やや白濁したスープと春雨の他、白菜・エビ・イカ・ホタテ・しいたけ・チンゲンサイなど具だくさんの感じです。卵は煮卵が半個分のっています。これだけ豪華版でお値段は680円となかなかのものです。

 熊本県民以外の皆さま、太平燕をぜひ一度ご賞味くださいませ。期間限定とのことですのでお早めに…。

| | コメント (1)

2004.02.11

blog

 最近巷で流行っている…という噂の「weblog」(blog)を始めてみました。
 なお、ここでは@niftyのウェブログサービス「ココログ」を使用しています。

 毎日更新…は難しいかもしれませんが、なるべく頻繁に書き込んでいきたいと思います。

| | コメント (0)

トップページ | 2004年5月 »