« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.29

お子様的な味覚

 私はほとんど「わさび」を使いません。
 刺身を食べるときにわさびを醤油に溶く方は多いと思いますが、私はやりません。

 「わさびつけるとわさびの味しかしないし、わさびがない方が魚そのものの味が感じやすくていいじゃない」なんて言い訳したりすることもありますが、基本的に味覚はお子様並なんです。
 さすがに寿司のわさびだけはいちいち魚の部分はがして抜いたりなんてことはしませんけど…。
 さらに「からし」はわさび以上にまず使わないですね。おでんやトンカツにももちろん使いません。

 この季節に冷やし麺(冷やし中華や冷やしうどんなど)を店で注文すると、必ずといっていいほど食器の縁にからしやわさびをつけてくれたりします。鉄火丼や海鮮丼なんかでもそうなんですが。
 これがけっこうくせ者で、食べてるときにからし(わさび)を一緒に混ぜそうになるんですよね…(^^;)。小皿が自由に取れるような店であればからしやわさびはすぐにそこに移してしまうんですが。
 もっと酷いときには、丼に盛られた具のてっぺんにわさびをつけてくれたりすることもあって、さらに困ってしまうこともしばしば。別の小皿とかに出してくれないかな…といつも思うんですよね。
 まあ、最初から抜いてもらうように頼めばいい、って話もありますが、ついつい忘れちゃうんですよね。

 味覚がいまだに成長していない私なんですが、来月には32回目の誕生日を迎えたりします…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリ番/給油口はどっち?

VFSH0023
 数年前、ホームページで「キリ番」というのが流行ってました。
 ページの片隅にアクセスカウンタがあって、それがキリのいい数字になるとなんとなくうれしくなって掲示板に書いたり…なんてことがありました。

 そうでなくても、デジタル時計の数字が「12:34:56」とか「11:11:11」とか並ぶのを見かけるとなんとなくうれしくなったり(^^;)。

 さて、今朝出勤のとき車のオドメーター(距離計)を見ると、なんとなく「キリ番」になってました(中途半端な気もするけど)。運転している最中だと写真を撮るのは難しいですが、今回は出勤前だったので無事に写真獲ることができました(^_^)。

VFSH0024
おまけ:
 最近の車では、燃料計の付近に「車のどっち側に給油口があるか」ということが示されるようになっています。ちなみに右の写真ではガソリン給油機マークの右側に三角印がついているので、給油口は右側(運転席側)にあります。トヨタ系の車では「FUEL DOOR」という表示があることもあります。
 レンタカーとかで返却前に給油したりするときに「アレ?給油口どっちだっけ」とか迷ったときに覚えておくと便利です。私は自分の車でも買ってしばらくの頃はときどき「どっちだっけ?」と思ったりすることもたまにあります(^^;)。給油ってたまにしかやらないですし…(^^;;)。
 普通のスタンドだと誘導してくれることもありますが、特にセルフとかでは誘導がないところも多いですからね(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.26

クイズの企画

 今週の日曜日は熊本クイズ愛好会の例会。月1回の例会でしたが、私は今月は企画の担当でした。
 当たり前の話ですが、クイズというのは誰かが問題を出さないと成立しないわけです。で、持ち回りで企画を担当して「仕切る」わけなんですが、もちろん淡々とクイズ出し続けるだけではつまらないのでさまざまな趣向を凝らす必要があるわけです。
 クイズ番組にたとえるなら、4時間番組のプロデューサーと司会を同時に務めるようなものです(もちろん問題も用意しなければならない)。こういう風に書くとけっこう大変なんだな、と思います(^^;)。実際大変なんですが。

 私は、今回今年2月に別のところ(FQUIZの14周年オフ)で使った企画をほぼそのまま使いました。もちろんそっちの企画ももともとは自分でやった企画ですから、いってみれば「流用」ってやつですね。
 前述のように一つの企画を用意するのはけっこう労力がいるわけで、1回使っただけでポイというのはもったいないな…と常々思うわけなんですが、かといって同じサークルで2回同じ企画を使っても新鮮味がなくなるしなかなかそれはできません。
 しかし、複数のサークルにまたがっていれば十分使い回しができるわけです。もっとも、自分以外に同じサークルにまたがっている人がいない…というのが条件なんですが(まあ、一人二人ぐらいであれば無理やりスタッフに引き込むという手はありますけど)。

 ただし、複数サークルで企画を使い回す場合は、当然サークルによって参加人数も与えられた持ち時間も違いますからそのままで、というわけにはいきません。また、時の経過とともに問題の答えが変わることもありますからそちらもチェックする必要があります。
 実際、今回も最初にやったFQUIZでは持ち時間2時間弱(予定では90分だった(^^;))・参加人数30人でしたが、熊本クイズ愛好会では人数半分で時間が2倍ということアレンジの必要がありました。
 まあ、企画の使い回しの利点として、最初にやったところで発生した問題点をフィードバックできて、後でやるときにその辺を改善できるというメリットもありますけどね。

 クイズの企画というのは用意するのはそれなりに大変です。凝った企画を作ろうとすれば準備のために前日徹夜なんてこともザラだったりします(^^;)。かといって凝りすぎると当日参加者にルールを理解してもらえずにコケる危険も大きかったりするのですが。
 ただ、前述のように「プロデューサーと司会」を同時に経験できる、というのが企画をやって楽しいところでもあります。言い方を変えれば「クイズ番組を1から自分で作り上げる」ようなものですし、やり遂げたときの充実感もあります(参加者の皆さんが盛り上がってくれたときは特に)。
 初心者の方に企画を持たせるというのは酷なことですし、クイズを楽しんでいただくだけでも十分ではあるのですが、ある程度経験値を積んだら是非企画をやってみて下さい
 ただ、各人にもそれぞれ都合があっていろいろと多忙なこともありますし強制するわけにはいきませんが。

 私自身も他の人が用意する企画に参加するのは楽しみでもあります。「あ~まだこんなアイデアがあったんだ」と毎回思わされますね。クイズサークルに参加して10年以上経ちますが、それでもけっこう新鮮な発見というのはあるものです。

P.S.
 これを読んでいる皆さんで、企画に参加した方が(FQUIZでも愛好会でも)いらっしゃいましたら感想でもコメントしていただけたら幸いです。
 「つまらなかった」というのならそれはそれで構わないですが、「どういう点がつまらなかったか」「どうしたらもっと良くなりそうか」ということも添えて下さると今後のためにもなりますし私としても助かります。ただ「つまらん」の一言だけだと(企画やる立場としては)かなり凹みますし(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.07.24

佐世保バーガー

佐世保バーガー
 昨日の夕食。
 最近流行という「佐世保バーガー」です。

 佐世保(長崎県)は、「日本で初めてハンバーガーが伝来した地」なのだとか。
 最近かなりのブームになっていて、船橋の「東京パン屋ストリート」でも話題になっているんだそうです。
 近所のゲームセンター(ナムコ・ワンダーシティ)に佐世保バーガーの店がやってきた(注:あくまでもイベントの一環としての出店で恒常的な出店ではありません)、ということで買いに行ったんですが…。何と買えるまで「1時間待ち」という大盛況ぶり。

 で、やっとこさ買って家に帰って食べることに。
 中身はハンバーグの他ベーコン・レタス・トマト・チーズ・卵などがふんだんにはさまれていてボリューム満点。実にジューシーで美味でした。
 佐世保バーガーは中のものが多くてそのままだと食べにくいので、手で押しつぶして食べるのが本式らしいのですが、持ち帰りでパック入りだったせいかすでにつぶれている感じでした(^^;)。
 そのせいであんまり大きくは見えなかったのでハンバーガー1個じゃとても満腹にならないんじゃないか、と思っていたんですが…十分でした(^^;)。
 残ったソースというかマヨネーズがまたうまいんですな。これが。

 まあ、お値段も780円ということで、マクドナルドのハンバーガー(80円)とはまさに桁1つ違うんですけどね。
 機会があったら是非一度食べて見ることをオススメします。
 マクドのハンバーガーは安く・手軽に食べられるという利点がありますが、これは別世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これって…

VFSH0021


 ハトが唐揚げをついばんでいるところですが、これって、ある意味「共食い」ではないかと…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.21

いろいろあった週末(3)「オープンキャンパス」

 「福岡オープン」から一夜が明けると世間は「海の日」なんですが、私はオープンキャンパスということで休日出勤。
 近頃はパソコンやインターネットがちっとも物珍しくなくなっただけに、私の持ち場に来る人ってのはそんなに多くはなかったのですが、本学を気に入ってくれた高校生もいたようでよかったです。

 大学選びは、偏差値よりも「自分のやりたいことがいかにできるか」を考えるのが大事、ということをあらためて思ったのでした。大学は自分で勉強しなければいけないところですからね。教職員や施設というのはあくまでもサポート役に過ぎないわけです。 もちろん大学職員としては勉学をサポートできるように最善を尽くすわけなんですけど。
 高校生のうちから、自分の将来の方向性を決めるというのは大変なことですけど、(せめて漠然とでも)決めた上でそれに沿ってリサーチをしていくと後悔しない「大学選び」ができると思います。
 最近は(私立大学は特に)頻繁にオープンキャンパスやってますので、これから受験の皆さんは是非とも足を運んでみてはいかがでしょう。
 まあ、私は(大学入試の結果もあったけど)高校生のときに思い描いていた漠然としたビジョンとはまったく違う方向に進んでしまってますが(笑)。

 さすがに朝9時から夜8時まではちょっと疲れました(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろあった週末(2)「福岡オープン」

 今回福岡に行ったもう一つの目的は「福岡オープン」(クイズ大会)の参加でした。
 「福岡オープン」は2日構成になっていて、初日はクイズ番組を模した企画中心、2日目はかつてTBSでやっていた「史上最強のクイズ王決定戦」(当初「ギミアぶれいく」という番組内で放送されていたので、通称は「ギミア」と呼ばれている)風の真剣勝負、というコンセプトだったのですが私は都合で2日目のみの参加でした。

 かつてクイズ番組で何度も見たような有名な方も多数参加されていて、真剣勝負が繰り広げられていました。
 残念ながら予選のカットラインにギリギリ届かずに後半は見るだけになってしまいましたが、それはそれで結構楽しめました。独身だった頃には各地の大会にもちょくちょく行ってたんですが、結婚以来こういう「真剣勝負」はかなりごぶさたになっていたもので…。
 「ギミア」や「FNS1億2000万人のクイズ王決定戦」が全盛だった、大学のクイズ研に入りたてだった頃のことをしばし思い出したのでした。

 あと、前日の懇親会でかなり久々に焼肉を食べました。う~ん大満足(^_^)。
 終わった後には、博多名物「うどんすき」。これも大満足(^_^)。

 あれ?何か足りないような…。そういえば今回はラーメンを食べていなかったのでした(^^;)。

 帰りはオープンに来ていた熊本クイズ愛好会の会員Nくんを乗せて熊本へ帰還。おつかれさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろあった週末(1)「宇美八幡宮へお礼参り」

umi
 お久しぶりのblog更新になります(^^;)。

 先週末は福岡へ行ってまいりました。今回はマイカーで。
 福岡までで高速乗っている時間は約1時間だから近いといえば近い。
 …けど、熊本でも福岡でも下の道が渋滞で結局はその倍以上時間がかかってしまったのでした(x_x;)。疲れた。

 最初に行ったのは、福岡市近郊の宇美町にある「宇美八幡宮」。安産祈願で知られるところで、生まれる前に神社のそばにある湯方殿というところにある「子安の石」を預かると安産のお守りになる…ということらしいです。で、無事に大願成就したら、預かった石と、産まれた子の名前や生年月日などを書いた新しい石を返しに行く…という慣わしなんだとか。
 なるほど、新しい石を持ってこないとどんどん数は減っていくわけだから、なかなかよくできたもんです。しかし、石に書いた名前とかが年月の経過とともに消えていったら、また誰かの「子安の石」ということになるのかな…。

 そういうわけで、今回は預かった石と新しい石を持って「お礼参り」に来た…ということなんです。

 それにしても福岡の渋滞はひどかった、一般道はもちろん高速道でもノロノロ運転を強いられるし…。
 あと、今回はなかなかホテルがとれませんでした。祇園山笠は終わってるのになぜ…3連休だからかな。1週間前からネットで数々検索していたのですが、やっと見つけたのは福岡ドームの横の「シーホーク」。
 ホテルの中はちょうどイベントやってて沖縄一色って感じでした…ああ、また沖縄行きたいな。

 かなり長くなったのでエントリーを分けます(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

結婚記念日(藁)

 いや、だから何だと言われてもなんですが(^^;)。

 まあ、それはともかく2年経ったわけで…長かったのか短かったのか。
 家族が増えたりなどいろいろとありましたが、とにかく今のところ何事もなくやっておりますです。はい。
 「何事もない」というのは、それはそれで幸せなことですね。

 「もちろんこれからもずっと…よろしくお願いします(__)」。ということで、ケーキでも買って帰ろうかな。

 あ、タイトルですが別に嘲笑しているわけではないです(笑)。
 2年目の結婚記念日は「藁(わら)婚式」というそうです(「綿婚式」ともいうらしい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

自動車のドアロック

 我がマーチ号が車検から無事戻ってきました。

 で、ものはついでだったのでバッテリーを交換しました。今ついているのは新車のときから付いているものですからすでに3年経過ということなわけで、特に何か異常がある…というわけでもなかったんですが、新車時に比べるとオーディオ・ナビ・ETCなどのパーツも増えていることもあったので、交換ついでに1ランク性能が良いものにしたわけです。某オートバックスでお値段は5,500円でした。

 ところで、バッテリーの交換するにあたっていろいろとネットで検索していたところ、「現行型マーチをオートドアロック(一定以上の速度になると自動でドアロック)にする裏技」というのを見つけました。
 やり方はとっても簡単。イグニッションをONにした後で集中ドアロック制御のロック側を「ピー」とブザーが鳴るまでずっと押し続ける…これだけでOK。解除するときは逆に集中制御の解錠側を長押しすればいいそうです。
 実際にやってみると、時速20kmを超えたあたりで自動でロックがかかるようになります。
 キューブとかでもできるらしいので、持っている方は是非一度お試しあれ。

 ところで、この運転中のドアロックに対する考え方ですが日本とドイツではまったく違うそうです。

 日本の自動車教習所では、車に乗り込んだら必ずドアロックをするように指導されます。何かの拍子に不意にドアが開いたりすることによる事故を防ぐ意図だったかと思います。
 ところがドイツではまったく逆で乗り込んでもドアロックをしないように指導されるんだとか。こちらは事故にあったときの脱出や外からの救出の妨げになる…という理由なんだそうです。

 たしかにどちらの理由も一理あるわけで…。
 それゆえ「オートドアロック」の是非については議論の分かれるところだとか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.11

今日は車検と「人生ゲーム」

 今日は朝から車検のために、ディーラーに車を持って行くことに。わが愛車(K12マーチ)も3年経とうとしているんですなあ。
 しかし、今日は朝からものすごい雨…。本格的な梅雨だなあ~と実感する次第。
 車検は明日までかかる、ということで代車を借りました。代車もやっぱりマーチ(ただし色違い)。
 ただ、普段の車と違ってインテリジェントキー(キーを差し込まずにエンジンが始動できる)がないのでキーがポケットの奥深くに入り込んでしまって戸惑うことも。代車のキー閉じ込んだらしゃれにもならないし(^^;)。

 さて、夜には「クイズ!人生ゲーム」。今回は昇給2回止まって、アクシデントは1回だけで済みました。
 しかし「ギャンブリングスロット」に思わぬ落とし穴が…orz。

gslot
 解説しておくと、「ギャンブリングスロット4」は4つのボタンでスロットを止め、問題(4択クイズ4問)ごとの得点の増減が決まります。で、スロットは得点が増える「2倍」「3倍」、選択肢が減ってクイズに答えやすくなる「2択」「3択」、得点が半分になってしまう「1/2」と5種類の「目」あるわけなんですが…。

 今日のスロットの結果は、何と見事なまでに4つとも最悪の「1/2」orz。仮にすべての目が等しい確率で出るとすれば1/5の4乗、つまり625分の1の確率で最悪パターンを引き当ててしまったわけです。
 結局これが響いて今回の最終結果は4億に届かず。

 いや~人生なかなか厳しいっす…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.07

ヴェルディどうしちゃったの?

 7/6のJリーグ。東京ヴェルディ1969は浦和レッズに0-7という惨敗。前節のガンバ大阪戦(1-7)に続いて2試合連続7失点という散々な結果に終わってしまった。

 東京ヴェルディの前身は言うまでもなく「読売クラブ」。Jリーグ発足以前は日産(現横浜Fマリノス)とともに長年にわたって日本のサッカー界を支えてきた名門である。
 そしてJリーグ発足直後も三浦カズ(現神戸)・ラモス・北沢・武田といった選手を擁し、人気・実力ともナンバーワンのクラブだった。その後ナベツネvs川淵(当時チェアマン)の対立もあって次第に低迷していったが…。
 一方、Jリーグ発足当時のガンバ大阪は弱かった。特にヴェルディに対してはどうしようもなく弱かった。浦和レッズは「上位候補」という前評判を思いっきり裏切って、ガンバ以上の「お荷物チーム」になっていた。

 ガンバ大阪といえば、Jリーグが発足したての頃に、一方的に攻められたあげく1-7とヴェルディにボロ負けして、時の川淵チェアマンから

「消えてなくなれ!」

とまで言われたこともあった。
 当時を知るガンバの選手はほとんどいない(今調べたら松波正信森岡茂だけらしい)が、当時を知るチーム関係者がいたら溜飲が下がる思いだったに違いない。

 Jリーグ発足からもう12年。
 発足当初の「お荷物」だったガンバやレッズが優勝争いに常に顔を出すようになった一方、ヴェルディは下降線…。
 もちろん選手が大半入れ替わっているとはいえ、時の流れというのは残酷なもの…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.04

エアコンを設置

aircon
 この週末、ついに寝室にエアコンを取り付けました。
 引っ越してきたときからずっと取り付けるつもりだったけど、ずるずる引き延ばしてきてようやく取り付けることになった次第で…。
 数ヶ月前から寝室に温度計を置いておいたんですが、連日室温30度・湿度70%(雨降った日は80%以上)なんて日が続いてたりしていたので、ついに購入に踏み切ったわけです。

 エアコン工事の「業者」は両親と小学校低学年ぐらいの娘さん一人という一家でやって来ました。
 表には赤帽のトラックが。どうやら「本業」は運送屋さんのようです(まあ、エアパージという作業に必要な真空ポンプも持ってたし、手つきからみても割と手慣れていたみたいですが)。
 家電量販店(某Kジマ)で工事費込みでわりと安く買ったエアコンなんで、そんなに工賃もないと思うんですが…冷房もなくて暑い中(そりゃその冷房を取り付けているわけですから(^^;))1時間半ほどで作業が終わりました。
 娘さんはただ見ているだけ…でしたが、工具とかを車に取りに行った際に中から入口のオートロックを開けるという役割を任されてました(笑)。

 さて、いざ取り付けて見ると…やっぱり涼しくていいっす(笑)。これで夜寝苦しいこともなくなります。

 …しかし、私も数年前までエアコンがない生活が当たり前だったんですけどねえ。
 身体が軟弱になってきているのか、日本の夏が暑くなってきているのか…。
 まあ、マンションという建物が機密性があるのも一因なんでしょうけど。

 それはそれとして、もうすぐ車検も迫っていて…あ~ボーナスがじゃんじゃん消えていく(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.02

太平燕(タイピーエン)

taipien
 熊本で昔から知られていたものの全国的な知名度はまったくなかった「太平燕」という料理があります。
 ぶっちゃけて言えば春雨が入った中華スープなんだが、野菜やイカ・エビなどの魚介類などの具材がふんだんに入っているものです。

 熊本の中華料理店のほとんどでメニューに入っていて(逆に言えば「長崎チャンポン」などのように「太平燕の専門店」があるわけではない。それが全国的な知名度が得られなかった理由のひとつ)、学校の給食などでも普通に出されている、「定番」ともいえるメニューです(ただし熊本限定)。

 そんな太平燕。最近の「ご当地麺」ブームに乗ってか?けっこうマスコミに登場する機会が多くなり、すかいらーく系の中華レストラン・バーミヤンで期間限定ながらメニューに載ったりもしていたが、最近になって「太平燕のカップ」がマルちゃん(東洋水産)エースコックから相次いで発売されました(写真の左側がマルちゃんのやつ)。
 ただし、残念ながらどちらも地域限定(マルちゃんは近畿・中国・四国・九州、エースコックは関東・甲信越・九州)なんですが…。

 両方食べ比べてみました。
 どちらも野菜などの具材がイマイチ物足りないのは「カップ麺の限界」とも言えるところなんですが(本物の太平燕は春雨が見えないぐらい具が入ってることが多い)、ともにけっこういい味出してます。
 お値段はマルちゃんよりエースコックの方が50円ほど高いのですが、エースコックの方の具材のエビがいい味出してる気がしますね(^^;)。あと、太平燕に欠かせない「卵」は、どちらもレトルト具材として入っていますがエースコックのは味卵になってます。

 コンビニとかで見かけた方はぜひ一度ご賞味下さい。けっこうおいしいと思いますよ。
 カロリーも200kcal強で一般のカップラーメンの半分から2/3ぐらいになってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »