« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.30

ジハイドロゲン・モノオキサイド(DHMO)

 最近あちこちのテレビによく出ている細木数子が、番組の中で卵(養鶏業)に対する批判をぶちかましてしまい、養鶏業者の団体がテレビ局に抗議する…というニュースがありました。
 確かに最近の養鶏業はほとんど「工業製品」といってもいいほどシステマチックになっているらしく、「電照で『日照時間』をコントロールしている」とか「抗生物質を投与している」という話はありますが、ニワトリの生態を考えても「1日2~3個タマゴを産む」なんてありえない(ニワトリの産卵周期は24~25時間程度らしい。どんなにタマゴ産むニワトリでも年300個ぐらいだそうだ)だろうに…。
 だいたい、占い師が「あんた地獄に墜ちる」なんて煽っちゃいかんと思うんだけどなあ…(ちなみに「死期を占う」というのは占いの世界ではタブーなのだそうです)。
 そんなこんなで、私はこの人まったく信用していないんですが(まあ、そもそも「占い」というものを信用していない。ひとつ下のエントリーのようないい加減なものでも「占い」と主張できるしw)、嫁はこの人が出る番組をけっこう好んで見てるんだよな…。

 最近といわず昔から、健康食品とかいろんなものの売り込みがあって宣伝文句(煽り文句)もいろいろありますが、
 「これを使わないとあなたはダメになる。今すぐ使いなさい」
 「今使っている○○は有害だ。こっちを使いなさい」
のような恐怖を煽って「脅し」をする業者ってのはえてして胡散臭い気がします。
 「有名メーカーの製品は有害な○○を使っていることをひた隠しにしている」なんて話も日常茶飯事ですね。そういえば以前「買ってはいけない」なんて本がブームになったこともありましたっけ。

 有害物質に関するこんな話がネット上にありました。
 「ジハイドロゲン・モノオキサイド」(DHMO)と呼ばれる人体に多大な影響をもたらす物質の話です。


見えない殺し屋

 Dihydrogen Monoxide(ジハイドロゲンモノオキサイド、以下DHMO)は無色、無臭、無味である。そして毎年数え切れないほどの人を殺している。ほとんどの死因はDHMOの偶然の吸入によって引き起こされている。しかし、DHMOの危険はそれだけではない。その固体にさらされるだけでも激しい皮膚障害を起こす。 DHMOを経口摂取した場合の症状は、過度に汗をかくこと、尿意を催すこと、腹がふくれたように感じること、吐き気、おう吐するすること、および身体の電解質バランスを壊すことにある。DHMOに依存するようになった人々にとって、DHMOを取り上げることは、死を意味する。

DHMOは

* 酸性雨の主成分ある。
* 温室効果の原因でもある。
* 厳しいやけどを引き起こすことがある。
* 大地を浸食する。
* 金属のさびおよび腐食を促進する。
* 電気的な事故を起こす可能性がある。自動車のブレーキを効かなくする。
* 末期癌患者から摘出された腫瘍組織で見つかったこともある。

 (DHMO)汚染(拡散)は流行病のようになっている。
 DHMOは、今日アメリカの、ほとんどすべての河川、湖および貯水池で発見されている。それだけではない、DHMO汚染は全世界に及んでいる。汚染物質(DHMO)は南極の氷でも発見されている。DHMOは、中西部及び最近のカリフォルニアで、何百万もの損害を与えた。

 このような危険にも関わらず、DHMOは使われている。

* 産業用の溶剤および冷媒として。
* 原子力発電所で。
* 発泡スチロールの生産で。
* 難燃剤として。
* 残酷な動物実験の中で。
* 殺虫剤の散布時に。さらに、(散布後の)洗浄でもこの化学物質を落とすことはできない。
* ジャンクフードやその他の食品添加物として。

 企業は、川や海へ余ったDHMOを捨てている。そして、これが合法であるとして、止めようとしない。野生生物への衝撃は深刻である。もう見逃したままにしておくことはできない。

恐怖を止めなければならない

 アメリカ政府は、この物質の製造、拡散を禁止することを拒んでいる。また、政府は「国民の経済や健康に重要だ」としてこの危険な化学物質を使い続けている。事実、海軍およびその他の軍事組織は、DHMOの実験を行なっている。そして有事の際、それらを制御・利用するために何十億ドルを費やしている。何百もの軍事研究施設が、高度に張り巡らされた地下流通経路によって、何トンものDHMOを受け取っている。莫大な量が、後の使用に備えて蓄えられている。

今からでも遅くない!

 さらなる汚染を防ぐために、今、行動しなければならない。この物質のさらなる危険性を研究しなければならない。世界のいたるところで、あなたや他の人々を傷つける危険性を知らないのか。

 こればかりでなく、

* 不妊治療中の男性の精液からも大量に検出される。
* 非行に走る少年は必ずといっていいほど直前24時間以内に摂取している。実際彼らの血中や尿から大量に検出される。
* 農薬にも大量に含まれている。しかも、農作物にも大量に残留している。
* 食品メーカーでも多く使われ、ほとんどの食品に大量に含まれている。しかしほとんどのメーカーがこの事実を公表していない(食品の原材料名にもほとんどの場合記述がない)。

 なんて話もあるそうです。短時間に大量に摂取すれば死に至る危険もあるそうです。

 ほとんどの人はそんなことを意識することもなく、我々は毎日大量のDHMOを体内に取り込んでいるのです。
 嘘みたいな話だと思われるでしょうが、これはすべて本当の話です。

 こんな話を聞くと、DHMOなんて摂取したくなくなっちゃいますよね…(笑)。でもそんな努力がまったく無駄になるほど、人間の生活にはDHMOが深くかかわってしまっているのです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.11.29

Jリーグ・優勝の行方を占ってみる

 というわけで、5つのチームが優勝の可能性を残しながら最終節を残すのみとなったJリーグ。
 ズバリ、この私が優勝の行方を占ってみました。

 どうやって占ってみるか。その方法は…

 「ランダムチャンスを1口だけ買って、その結果で占う」(笑)

 元手はたったの100円。実にお手軽です(笑)。

 今年最後の節ということで、久々にtotoを買ったついでにランダムチャンスを買いました。その結果は…。

toto

 優勝争いにかかわる部分だけかいつまむと、鹿島vs柏は鹿島勝ち・千葉vs名古屋は名古屋勝ち・川崎vsG大阪はG大阪勝ち・新潟vs浦和とC大阪vsF東京はドロー。
 というわけで、C大阪ドロー・G大阪勝利で「ガンバ大阪優勝」という結果が出ました(^^;)。

 さて、当たるでしょうか?(笑)

<おまけ>
 久々に「ともちゃん」(仮称)。現在8ヶ月半。

shiotama

 今では立派に「おすわり」ができるようになりました。
 なぜか「シオタマ」(東京汐留の日テレ社屋周辺に多くある謎のマスコット)がお気に入りのようです(笑)。

# まあ、実際は黄色い目立つものだから…ってところでしょうけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.28

昨日は愛好会の例会

 昨日は熊本クイズ愛好会の例会があったのですが、その前に嫁が「フードパル」というところ(熊本市の外れにある食品メーカーの工場とかが集まっている工業団地)でフリーマーケットやってるので行きたい…というリクエストがあったので、そこに行きました。
 あまり時間がなかったのですが、ベビー服とかいろいろ買えて満足していたようです。
 その間朝食とってなくて(昼前まで寝てたからw)空腹だった私は、桂花ラーメンでラーメン食ってました(^^;)。

 ちょうど例会の時間になったので車で例会会場へ。「どうせ例会終わった後飲んで帰るから」ということで嫁は例会に顔出しした後で「ともちゃん」と一緒に車で先に帰ってもらいました。

 今回は昨年まで鹿児島の高校生だったN君担当の企画。
 最初時間配分とか大丈夫かな?とか思っていましたが、さすがに何度か企画やった経験があるだけに割とよくまとまっていたと思います。問題はあまり奇問に走りすぎず割とオーソドックスなものが多かったですね。
 イントロは…(私も企画で入れることがたまにありますが)やっぱり「得意な人が独走する」傾向がどうしてもあるので得点配分とかなかなか難しいものです。

 そしてアフターは、熊本ではできたばかりという「坐・和民」へ。
 「『和民』って白木屋と同じグループですよね」って話があって、一瞬思わず「うん」って言ってしまったけど(^^;)、両者は完全は「商売敵」だよなあ…業態は似たようなもんだけど(白木屋と同じ系列は「魚民」ですね(^^;))。
 ちなみに白木屋が進出してきたての頃、私は「しらきや」って読んでた(いまでも少なからずそう読んでる人も多いが)けど、実は「しろきや」なんですね、あれ。

 帰りは(車は嫁に乗って帰られたので)バスで帰ろう…と思ったのですが、数日前に「ちょっとは運動しよう」みたいなことを書いていることもあったので歩いて帰ってきました(笑)。
 まあせいぜい3~4kmぐらいなんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.26

混戦!Jリーグ&ロッソ熊本

 首位を走ってきたガンバがここに来て失速。アントラーズも伸びきれずにいる一方、あと2節というところでセレッソが(終盤追いつかれながらも)首位をついに奪いました。
 レッズと、ガンバに勝ったジェフも優勝戦線に踏みとどまり、なんと最終節を前に勝ち点2の差に5チームひしめく大混戦。最終節はセレッソ以外の各チームは他会場の結果を横目に見ながらの戦いになるわけですね(もちろんいずれにしても自分が勝つことは大前提ですが)。
 一方の降格争いは今日の結果で東京Vの降格(17位)と柏の入れ替え戦行き(16位)は確定してしまいました。
 J2は京都と福岡はJ1昇格確定していますが、入れ替え戦になる3位争いはまだ混沌としています。
 J1もJ2も最終節は1週間後の12月3日(土)。今度は1週間あるんですね。いずれにしても楽しみです。

 話変わって、地元のチームであるロッソ熊本が現在行われている地域リーグ決勝大会で1次ラウンドを突破、決勝ラウンド進出を決めました。
 かなり昔(8年ぐらい前)、熊本に「ブレイズ熊本」というチームがあった頃、地域リーグの大会が熊本であったので観戦に行ったことがありました。残念ながらその試合で敗れてしまって上に進むことができなかったのですが…。
 ロッソはすっきりとJFL進出を決めてもらいたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.24

経県値&経県マップ

 以前、「トラベル・バトン」なるものを、先日コメントくださった「軍曹」さんに紹介していただいたのですが、今度は「経県値&経県マップ」です。

 住んだことがある都道府県が5点、泊まったことがあるところを4点、かすりもしないところは0点…などとして点数化、そして都道府県ごとに色分けしてくれるというものです。
 理論的には満点は47都道府県×5=235点なんですが、47都道府県すべてに住んだことがある人なんてほとんどいないと思われますので(^^;)、180点以上だとかなりすごいのではないかと…。
 ちなみに、私は生まれてこの方熊本県以外に住んだことがない(しかも生まれた直後1ヵ月ぐらいを除いて熊本市以外に住んだことがない)です。

 で、私の結果は…157点となりました。
 詳細はこちら

 ついでに10年前の自分とも比較してみました。10年前はこちら

 思えば、あちこち行ってるものです…(^^;)。
 白いままの残りの3県…茨城ぐらいならつくばエクスプレスでも乗りに行けばいいけど、青森とか鳥取はよほどのことがないと行く機会なさそうだなあ。

追記(2005.11.24):一部マップに誤りがありましたので修正しました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.11.22

「matchan-net.jp」3周年

 11月22日で「matchan-net.jp」は3周年を迎えました。
 それ以前にも「Matchan'sHomePage」なんてのをやっていましたが、そこから通算すると実に「7周年(!)」ということになります(こちらも立ち上げたのは同じ11月22日)。
 なぜこの日を選んだのか…と言われても「数字が並んでた」ということでなんとなく、程度の動機だったりするのですが。

 7年前、このページは先日話題にした「WOODY」が作成のメインマシンだったのですが、ブラウザ「Netscape」に付属していた簡易HTML作成ソフトでを作成していたりします(ちなみに現在HTMLはほとんど手書き(^^;))。
 電話回線も光ファイバーとかが家庭に来るなんてことは考えられず(ADSLも日本ではまだなかった)、ISDNで「テレホーダイ」(64kbps)という通信環境でした。

 それから4年後、個人でも独自のドメイン「matchan-net.jp」が持てるようになったこともありまして、アドレスを変更。そして3年たって現在に至るわけです。
 最初は細々やっていたのですが、ある日「Yahoo!Japan」で紹介されるとアクセス数が一気に急増。ここまで何度か雑誌でも紹介されるまでになりました。
 当時トップページにつけていたカウンタは1日20~30ぐらいずつ増えていたのですが、Yahooに載ったその日で「3,000」近く増えてしまいました。これには驚いたのを覚えています。

 ここまで7年もの間、(更新ペースは一定しませんが)のらりくらりと続けていくことができました。やはり見てくださる方々がいらっしゃったからこそ続いたのでしょうね。
 今後も「のらりくらり」は変わらないと思いますが(^^;)、どうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.21

高橋尚子やっぱりすごかった…

 昨日は東京国際女子マラソンがあり、2年ぶりマラソン出走の高橋尚子選手が2時間24分39秒のタイムで優勝し「復活」を印象づけました。
 2年前の同じ東京国際女子マラソンでは、前半悪コンディションの中ハイペースで飛び出しながらも終盤に失速して2位に終わり結果的にオリンピック出場権も逃してしまったわけですが、そのとき以来のマラソンとなった舞台で、今度は終盤のスパートで後続を引き離す強さを見せての勝利でした。
 大会直前に軽い肉離れ?を起こした…とかいう話も伝わってきましたが、そんなコンディションで42km以上を突っ走るわけですからすごいですね。42kmを2時間30分(2.5時間)で走ったとしても時速約17km…普通の人がママチャリで走るよりも速いわけですからねぇ。
 しかも、高橋選手に限らずマラソンのトップ選手って毎日何十kmも走ってるんですよね…想像つかないです。
 今の私ではフルマラソンの42kmどころか、4.2km走れるかどうかも怪しいですね(^^;)。

 ちなみに私が今までに走った最長の距離は、高校1年のマラソン大会のときに走った15kmです。
 私が行った高校では、毎年熊本市にある総合運動公園で毎年マラソン大会がありました(今もやってるのかは不明)。

 当時私が住んでいたところから運動公園は10km以上離れていて、自転車で行くだけでも大変な重労働でした(^^;)。しかも運動公園は山の上の方にあって、ほとんどが上り坂…。着いた頃にはもうヘロヘロです(^^;)。
 そこからまたさらに15kmも走らなければならないわけで…orz。走る前に体力かなり使ってるのに…。
 無事走り終わってから終わって帰るときがまた大変で、足は全然動かなくて下り坂で自転車を転がすのがやっとでした。あれは本当につらかったです。
 高校2年のときは、当日朝から時折大雨になる悪コンディション。行く途中で土砂降りになったりしてずぶ濡れ状態…これで走れ、とか言われたらもう最悪でしたが、その年は結局走る前に中止が決定しました。

 高校1年のとき15kmのタイムがだいたい1時間30分ぐらい。今じゃ絶対そんなタイムじゃ走れないだろうな…(^^;)。
 さすがに運動不足は自覚しているのですが、なかなかそれを解消できていないのが現実です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005.11.18

長い間ありがとう「WOODY」(&「Libretto」)

 私は、先月このblogで書いたように新しいマシンを購入しました。

 ニューマシンはエプソンダイレクトで購入したのですが、ここではパソコンの購入者を対象とした「下取サービス」というのをやっていてパソコンの買い換えの便宜を図っています。
 最近はパソコンを処分するのにもお金がかかるご時世なだけに、たいへんありがたいことです。

woody
 そういうわけで、今回の買い換えを機会に我が家(および実家)に眠っていた旧マシンを下取りに出すことにしました。
 買ってから長年使っていたこともあるし、愛着もあってずっと置いておきたい気持ちはもちろんあるのですが、現実には家の収納スペースにも限界はあるわけで、泣く泣く「完全引退」させることを決断することにしたのでした。

 ブツは、学生時代の1996年から愛用してきたPanasonic「WOODY」(CF-32KPX)。
 PDという光学ドライブと5連装式CD-ROMドライブを備え、TVチューナーを装備したCRTモニター一体型パソコンです。後に一世を風靡したソニーのVAIOなんてのはまだ影も形もなく、テレビパソコンとしては画期的でした。
 さすがに当時はPentium(無印)133MHzでメインメモリも標準で16MB(!)、HDDも1.28GBが標準だったのでTV画面の録画も実用レベルにはほど遠かったのですが、仕事から遊びまで4年以上の間散々使い倒しました。
 ちょうど卒業論文をこのマシン(with一太郎7)で書いていたのですが、論文提出2週間ぐらい前に故障して修理に出すはめになってしまって、急きょ旧マシン(EPSONのPC9801互換PC)と一太郎4.3で乗り切ったのも懐かしい思い出です(^^;)。
 
 結局「WOODY」は商業的にはそれほど成功したとは言えず、私が買ったモデルの次期はタワー型になってしまい、さらにその次は「WOODY」の名前も消え、ついには個人用デスクトップから撤退しノートパソコン一本になってしまいました。ノートパソコンもAV重視の「HITO」は事実上失敗。現在Panasonicはコンパクトノートの「Let'snote」に特化しているのはご存じの通りです。

 私の青春時代をともにした(って、ちょっと大げさか(^^;))「WOODY」。長い間ありがとう…。
 お世話になりました。
 また、Let'snoteを買うまで使っていたノート、東芝「Libretto」も合わせて引退です。
 こちらもお世話になりました。

 というわけで、記念にこのエントリーを残しておくことにしたのでした。

おまかせバナー【468x60】

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.17

年賀はがきが届いた

参考:2005.11.08「写真用年賀はがき

 先日エプソンOAサプライNETショップで注文していた年賀ハガキが届きました。
 品薄という話だったので、思ったより早く届いたような…って品薄だったのは九州だけなのか(^^;)。

 普段は年賀状作るのが非常に遅くて、12月31日とか「年が明けてすぐ投函」なんてのが毎年のパターンだったんですが(笑)、郵政公社で「早出しキャンペーン」なるものもやっているんで、早めに出してみるのもいいのかな…と思ったりもして(^^;)。

 しかし…クロネコヤマトで届く郵便ハガキというのも、なかなか妙なものです(笑)。

エプソンOAサプライNET SHOP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.13

ノッポさん

 私が幼少の頃見ていたNHK教育番組「できるかな」に出ていた「ノッポさん」。

 その「ノッポさん」の公式ページがあるのですが、その中にある「ノッポさんのひみつ」において…


Q.
 としはいくつ?

A.
 1934ねん5がつ10にち、きょうとうまれ。
 ノッポさんとしてみんなのママやパパといっしょにあそんできました。
 いまも、「ちいさなひと」たちにゆたかな「こころ」や「しつけ」ができるようにまいにちこころがけている、やさしいおにいさんです。


 御年71歳で「おにいさん」と呼ばれる人は、おそらくこの方ぐらいでしょう(^^;)。

 確かにちょっと前に日テレ「世界一受けたい授業」で出てたけど、(帽子かぶってたせいかもしれないけど)とても70歳には見えなかったしなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.11

学習型迷惑メールフィルタ

 迷惑メール。なくならないですねぇ…。
 私の場合、1日に何十通単位の単位で迷惑メールが届いてきて、必要なメールが埋もれてしまう有様です。
 最近多いのはいわゆる「出会い系」ですね。

 迷惑メールってやつはどんどん巧妙になってきていて、昔は英語のものがほとんどだったけど最近は日本語のものも多いし、以前はタイトルを見れば「それ」とわかったのに、最近はタイトルは普通のものになっていてますます見分けがしづらくなってます。
 最近のメールソフトには迷惑メールを選別するフィルタ機能がついたのも多くなってきていますが、送信元とか題名などを微妙に変えてくる手合いが多いので、追いついていないのが現実です(まさに「いたちごっこ」)。

 そこで最近登場してきたのが「学習型迷惑メールフィルタ」。
 メールの内容に出てくる言葉などを迷惑メールの特徴として学習していき、それをもとに迷惑メールを振り分ける…というもの。
 最近のメールソフトでは、Mozilla ThunderbirdやEudoraなどが学習型フィルタを備えてます。また各プロバイダでも迷惑メールの題名をそれとわかるように変更するサービスを提供しています。

 私が常用しているメールソフトはジャストシステムの「ShurikenPro」なんですが、今度のリリースアップで「学習型迷惑メールフィルタ」を装備したというので、早速導入してみました。

 いや~これはすばらしいです(^_^)。便利です。
 ここ数ヶ月で振り分けた迷惑メールを学習させてみたところ、これが効果覿面!
 ほとんどの迷惑メールが「迷惑メール」フォルダ送りになって、受信メールのフォルダから迷惑メールがきれいに消え去ってくれます。必要なメールが「迷惑メール」扱いされてしまうこともさほど多くありません(これは学習の成果か?)
 しかも従来のフィルタでは条件を事細かに指定してやらなければならなかったりするのですが、学習型だとただ迷惑メール指定すればOK(そして間違って振り分けられた分を迷惑メール解除指定する)。Shurikenは複数一括で指定することも可能なので楽に大量の迷惑メールを処理できます。
 いまいちマイナー感が否めないShurikenですが完全に日本市場向けの製品で日本語の処理能力を売りにしていることもあってか、かなりいい感じです。
 「メールソフトに金出すなんて…」という向きもあるのでしょうが、「学習型迷惑メールフィルタ」の快感を覚えた私は、当分Shurikenを手放せません(^_^)。

 迷惑メールで悩まされている方は、是非一度「学習型迷惑メールフィルタ」を使ってみてください。まさに「目から鱗」です。

Just MyShopへ
インターネットメールソフト Shuriken Pro4R.2

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005.11.08

写真用年賀はがき

 というわけで、もう年末も近づき年賀状をどうしようかと考える時期になってしまいました。
 年の過ぎるのが早いわけだわ…。

 さて、ここ数年「インクジェット用」の年賀はがきがあったのですが、「写真用」(光沢紙)が加わりました。
 一部地域では昨年(17年度分)からあったようですが、熊本を含め多くの地域では今年からの販売のようです。

 この「写真用」、普通のはがきより10円高い60円(地域限定の昨年度版は65円だったらしい)なのですが、熊本ではわずか2日で当初の割り当て分が完売になってしまったそうです。
 何でも九州全体で50万枚、熊本にはわずか5万6千枚しか割り当てがなかったんだとか。
 そりゃすぐ売り切れるわな(^^;)。全国で5,000万枚という割には少なすぎやしませんか?>郵政公社

 というわけで私は郵便局での購入を早々にあきらめて、ネット(エプソンOAサプライNETショップ)で予約しました。
 ネットで買うからといって別に安くなるわけではないのですが(まあ元が官製はがきなので当然といえば当然?)、クレジットカードでの購入ができるためカードのポイント(マイル)がつけられるというのが最大のメリットですね(注:クレジットカード払い以外に代引きやコンビニ払いなども利用できます)。
 当然、わざわざ郵便局に出向く必要もないというのも利点です(仕事帰りに行っても閉まってますしね)。ただ、ある程度まとめて注文しないと送料がかかってしまいますが。 

 さて、あとはどんな年賀状にするか考えなくては…(^^;)。
 「ともちゃん」(仮称)の写真を入れることだけは確定しているのですけどね(笑)。

エプソンOAサプライNET SHOP

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2005.11.05

(またしても)千葉が日本一

 ナビスコカップですが、結局ジェフユナイテッド市原・千葉がガンバ大阪を下して優勝しました。
 ジェフ千葉は悲願の初タイトルになります。おめでとうございます。
 ガンバ大阪はこの悔しさをリーグ戦で晴らしてもらいたいものです。

 それにしてもプロ野球の日本シリーズと同じように千葉と大阪のチームが対戦して、千葉が勝ったわけですね(^^;)。
 野球と大きく違ったのは、こちらは紙一重の接戦(PKで5-4)だったということでしょうか(笑)。両チームとも力を出し切っていたいい試合でしたね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日ナビスコカップ決勝

 決勝のカードはジェフユナイテッド市原・千葉vsガンバ大阪。
 Jリーグ発足から存在した10チームの中で、今までタイトルに縁がない同士の対戦になりました。
 J発足当初から「お荷物」と呼ばれた続けていたG大阪。一時期は残留争いの常連だった千葉。
 両チームはいまやリーグでもトップ争い。地道にチーム作りをやってきた成果が花開きつつあるのでしょうね。

 現在のチームの状況は下降気味のG大阪に比べると千葉の方が若干いいような気がするので少し千葉が有利かな?という気もしますが、一発勝負なので何があるかわかりませんからね。さて結果は…?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.11.02

タイトル変更

 以前のタイトルがかなり長ったらしい気がしましたので、タイトルを変更してみました(^^;)。ついでにカウンタもつけてみました。

 私のホームページである「matchan-net.jp」とともに、来訪者との橋渡しにもなる(?)このblog「matchan-net通信」を今後ともよろしくお願いします。

 それにしても、コメントとかがつかないと「あまり読まれていないんじゃないか」と思いがちになるのですが、自分が思った以上にblogって読まれているもんなんですよね(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.01

年の初めは北陸で

参考: 2005.10.21 「超割」先行受付に申し込み

 結局、無事に予約をとることができました(^_^)。
 というわけで、年始はしばらく北陸にいることになります。

 そうはいっても私は仕事始めが5日(多分)なので、それまでには帰ってこなくちゃならないから、そんなにゆっくりもしていられないんでしょうけどね…。
 ゆっくりと北陸を観光できるのはいつのことになるのやら。石川でも能登方面とか、あと富山とか新潟とかほとんど未踏に近い(一応昼行のバス乗ったときにSAには寄ってるけど)のでゆっくりと行ってみたいとは思っているんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »