« ハッピーバースディ | トップページ | ホワイトデー »

2006.03.12

初節句&誕生祝い

fumase
 ともちゃん(仮称)の誕生日は昨日、初節句は当然のごとくもっと前なわけですが、今日「初節句」と「1歳の誕生日」のお祝いを同時に行いました。

 熊本では、初誕生日に紅白の餅を踏ませる「踏ませ餅」という風習があります。これは「一歩一歩力強く大地を踏みしめてほしい」という願いを込めたものだそうです(誕生日までに歩いた子の場合は袋に餅を入れて背負わせてわざと転ばせる「からわせ餅」になります。これは成長しても親元を離れていかないように…ということだとか)。
 なお、このときに使った餅は「仲良くしてください」という意味を込めて近所にお裾分けすると良いのだそうです。そういうことでラップがしてあります(^^;)。

 「踏ませ餅」は下の写真のように平たく大きな餅です。
初誕生ふませ餅
初誕生ふませ餅 
 「からわせ餅」はこちら。たくさんの小さい餅と袋がついていて、子どもが転ぶまで餅を足していきます。
初誕生からわせ餅
初誕生からわせ餅
(どちらも、熊本市の米白餅本舗)

 実家の両親たちを招いたのですが、お誕生日のケーキを持ってきてくれたために(我が家で用意したものと合わせて)ケーキが2つになってしまいました(^^;)。

birthday

 でも、ともちゃんはまだ小さいのでケーキそのものは食べられないのでした…。 

|

« ハッピーバースディ | トップページ | ホワイトデー »

コメント

そういえばそんな習慣、ありましたねぇ。自分(が赤ん坊の時)の場合、思いっきりデカイ餅を背負わされてる写真が残ってました。枚数を見ると転ぶまでに相当時間を要したようで・・・。

投稿: fa1 | 2006.03.15 00:25

 初誕生のお祝いに餅を使うというのはけっこう全国の各地であるようですが、ところによってやり方にけっこう違いがあるみたいですね。
 熊本のように紅白の餅を使うところもあれば、「一升餅」といって一升の餅ひとつ(一升=一生。一生は二つないから)のところもありますし。
 餅を背負わせるところでも、わざと転ばせるところと特に転ばせないところがあって、一歳までに歩かなかった子であっても餅を背負って立たせて「歩いたことに」してしまう…なんて地方もあるようです。所変わればそれぞれなんですね。

投稿: matchan | 2006.03.15 10:08

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初節句&誕生祝い:

« ハッピーバースディ | トップページ | ホワイトデー »