« 稚内早くも?3日目 | トップページ | 「稚内キャンプ」前半終了 »

2006.08.06

北海道いろいろ 稚内いろいろ

 北海道には他の地域ではあまり見かけないものがいろいろあります。
Arrow
 この矢印は道路沿いに何本もありますが、これは「道路はここまでですよ」という目印です。
 これがないと冬場に雪が積もった時にどこまでが道路かわからなくなってしまいます(^^;)。
 まあ、これは北海道でよく見かける光景です。
 あと、信号機も雪が積もって重みで落ちるのを防ぐために縦型が一般的です(北陸など「雪国」と呼ばれる場所では割と多いですね)。

 Seicoma
 北海道の「コンビニ」といえばこの「セイコーマート」。地元では「セコマ」「セイコマ」と言っているようです。
 札幌のような都市部ではセブンイレブンなど他のコンビニが勢力を伸ばしつつあるようですが、郊外になるとほぼこの「セイコマ」の独擅場です。
 以前は関西にもあったようですが(昔大津で見かけたことがある)今はないようです。現在では首都圏に数店ある以外はほとんど道内オンリーなのだそうです。
 入口近くで売ってるのは「灯油」です。
Guarana_1
 「セイコマ」では、(店舗にもよりますが)弁当を調理して売るスペースがありますが、そこで名物「焼きとり弁当」も売ってます。でも「焼きとり」といいつつも実は豚肉です(笑)。

 北海道ではコーラよりもよく飲まれている?「ガラナドリンク」です。
 一時期は本州とかでも売ってたようですが、現在ではほぼ北海道限定となっています。
 ガラナはカフェインがコーヒーの3倍含まれているようなので、眠気覚ましにもってこい!?
 ある意味今回の講習の必需品かもしれません(笑)。

 そして宿舎ですが…

 大学から10kmぐらいのところにある「少年自然の家」が宿舎になっています。
 立地的には稚内でもかなりの郊外にあたります。宿舎に向かう途中の道には「○○宅前」なんてバス停がいくつもあるぐらいです(昔はなわが歌ってた「佐賀県」で「♪バス停の名前が『山下さん家前』~」なんてネタがありましたが、このあたりでは本当に普通にあるのです)。
Yado_1
 ちなみに館内の料金表を見ると1泊1,000円(食事代は別途)だそうです。小学生とかだともっと安い料金となりますが。
 ただ、団体での利用が前提なので、旅行で使おうと思ってもできません(笑)。
 部屋の中は最大12人の相部屋(二段ベッド)、もしくは16人雑魚寝の和室になってます。二段ベッドで寝るのはそれこそ(熊本の)少年自然の家であった林間学校以来でした(笑)。
 少年自然の家ですから、夜10時になると「消灯」の放送がありますし、朝6時半には「起床」の放送があります。…まあ、ほとんど参加者は大人ばかりなので無関係なんですけどね(笑)。
 ちなみに館内は基本的に小学生がメインターゲットなので作り付けもそれ相応です。ベッドなんかもかなり小さくて、身長178cmの私だとやっとこさ足を伸ばして寝られるぐらいの感じです。190cmとかある人だと足伸ばすことすら難しいでしょう。
 というか、大の大人が寝てベッドが崩れ落ちないかの方が心配だったりして(笑)。
Dome
 また、「大浴場」も一応ありますが、これまた小学生サイズなのでちょっと使い勝手が悪い。
 というわけで、ほとんどの人は隣接している温泉センター(「童夢」という愛称がついている)を利用しています。
 稚内という街は地理的にロシアと近く(サハリン行きの航路もある)、街中の標識とかでもロシア語が併記されています。実際温泉利用者の中にもロシア人らしき方がちらほらいらっしゃいます。

 そんなこんなで、基本的には朝9時から夜8時まで食事時間除いて講義や実習が続きますし、大学と宿舎(+朝食会場のホテル)の往復なのでつらい部分もいろいろありますが、林間学校みたいで楽しい部分もあります(笑)。

おまけ:
 宿舎周辺の民家の前あちこちにある交通安全祈願の「無事カエル」。
Kaeru
 元々はその名の通りカエルだけだったようですが、最近ではいろいろなバリエーションがあるようです。

Raidah
 いわゆる「ライダーハウス」と呼ばれる、バイク乗りのための簡易宿泊所ですが…「RAIDA HAUSU」ってもろローマ字です(笑)。
Ruru
 くしゃみ3回…? 「VOW」あたりに載ってそうなネタです。

|

« 稚内早くも?3日目 | トップページ | 「稚内キャンプ」前半終了 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道いろいろ 稚内いろいろ:

« 稚内早くも?3日目 | トップページ | 「稚内キャンプ」前半終了 »