« 携帯の機種変更 | トップページ | 今年も「J」大詰め »

2007.11.16

「ロッソ」+「阿蘇」=?

 まだ正式発表ではないようですが、来年J2入りが濃厚な「ロッソ」(rosso)が「ロアッソ」(roasso)に変更される可能性があるのだとか…。
 ややマイナーチェンジしたエンブレムを含めて商標登録がなされ、「roasso.jp」などのドメインも登録されているようす。

 チーム名が「ロッソ」(イタリア語で「赤」の意)と決まった時点で、こういう事態が起きることは容易に想定できたわけですが…。
 実際、チーム名が商標がらみで変更になった例はいくつもあります。仙台(ブランメル→ベガルタ)や新潟(アルビレオ→アルビレックス)、ご近所さんでは福岡(ブルックス→アビスパ)・大分(トリニティ→トリニータ)…あと、セレッソ大阪も商標のからみでレプリカユニの胸文字が「cerezo」のロゴでなく「CRZ.OSAKA」となっていたのも記憶に新しい話です。
 さすがに運営会社の発足当初はアマチュアチームに毛が生えた感じで、そういったところまで考えが巡ってなかったのもしれませんが、これだけ前例があるのに何やってんだ…という気もします。

 「ロアッソ」の名称そのものは、「ロッソ」という言葉の感じを残しつつも熊本を象徴する「阿蘇」を盛り込んだ感じで、思ったよりはまともなものになったなあ…というのが個人的な感想です。
 あとイタリア語の辞書を調べてみると「asso」には英語でいうところの「エース」(ace)という意味もあるそうで(この名称を考案した人がそこまで考えていたかは不明ですが)、なかなか絶妙なネーミングになった感もあります。

 とはいえ、もちろん気に入らない人もいるでしょうし、ちょっとこの名称変更のプロセスには釈然としないものがあるという気はしますけどね。

 しかしながら、この手の話は「公募」といってもなかなかうまくいくものでもないですしねえ…一見民主的に思えますが、当然公募による名称でも商標権の問題はつきまとってくるので、単純に多数意見が通る、というわけにもいきませんからなかなか難しいところではありますが。

 まあ、はっきり言ってしまえばフロントの失態なわけですが、たとえチーム名が「ロアッソ」になってもこのチームは応援していきたいと思います(あくまでも個人的な見解)。
 もちろん「ロッソ」のままでJ2に上がるのが一番いいんですが、現実的には難しいでしょうしね…商標権の問題にチーム力を割かれるのもあほらしいですし。

 と、そんなことを考えていたところに重大ニュースが…。

 サッカー日本・オシム監督、脳こうそくで倒れる

 一日も早い快癒を祈りたいところです。
 でも、治ったところで日本代表監督の仕事はしばらくは無理そうですね…。

|

« 携帯の機種変更 | トップページ | 今年も「J」大詰め »

コメント

「ロアッソ」ですか。まあ、造語としてはましなほうだとは思います。

それにしても、J2昇格の際にチーム名変更を余儀なくされるのは、どこも同じですね。Jを目標としているなら、チーム名と商標権の絡みなどは当然念頭にあってしかるべきだと思うのですが。(商標権でのトラブルを避けるために、最近は○○FCが多いのでしょうか)

投稿: びーとるさいとう | 2007.11.17 22:22

「ロアッソ」のネーミングは現チーム名の感じを損なわないこと…を条件にプロに依頼した、という話のようです。
熊本の場合、現在の運営会社(アスリートクラブ熊本)になる前の段階で公募によって愛称が決められてしまった…という経緯があるんですが、最初からJリーグ(=プロチーム)を目指すという目標で立ち上げたのにもかかわらず商標の関係が調査できてなかった、というのは情けない限りです。前例がなかったならともかくいくらでもあるのに…。
あと、だいぶ前から問題になる…ということがわかっていながら間際になってしかも妙な形で表面化してしまったことがサポーター達の戸惑いや反発を増幅させている面もあります。

投稿: matchan | 2007.11.18 10:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ロッソ」+「阿蘇」=?:

« 携帯の機種変更 | トップページ | 今年も「J」大詰め »